歌词及翻译均来自互联网。

----

桜 

 

作詞:小渕健太郎と黒田俊介 

作曲:小渕健太郎と黒田俊介 

歌:コブクロ 

 

名もない花には名前を付けましょう 【为这无名之花取个名字吧】 

この世に一つしかない 【这世间独一无二的花儿】 

冬の寒さに打ちひしがれないように 【仿佛不会被冬日的严寒击垮】 

誰かの声でまた起き上がれるように 【仿佛在听到谁的呼唤时就会重新站起来】 

 

土の中で眠る命のかたまり 【眠于泥土之中的小小生命】 

アスファルト押しのけて 【冲破沥青而出 伸展开来】 

会うたびにいつも 会えない時の寂しさ 【忍受着想见而不能见的寂寞】 

分けあう二人 太陽と月のようで 【这样的两个人 如同天上的日月】 

 

実のならない花も 【不会结果的花儿也好】 

蕾のまま散る花も 【尚未绽放就凋谢的花儿也好】 

あなたと誰かのこれからを 【都注视着你和那个人的未来】 

春の風を浴びて見てる 【沐浴在春风里】 

 

桜の花びら散るたびに 【每当樱花飘零时】 

届かぬ思いがまた一つ 【都有一个无法传达的思念】 

涙と笑顔に消されてく 【伴着泪水和笑容消失殆尽】 

そしてまた大人になった 【然后我们变得更像大人一些】 

追いかけるだけの悲しみは 【只是那些穷追不舍的悲伤啊】 

強く清らかな悲しみは 【那些深切的 纯粹的悲伤啊】 

いつまでも変わることの無い 【无论到何时都不会改变】 

無くさないで 君の中に 咲く Love… 【请不要舍弃 那在你心中 绽放的 爱】 

 

街の中見かけた君は寂しげに 【在街上看见你寂寞地】 

人ごみに紛れてた 【融入茫茫人海】 

あの頃の 澄んだ瞳の奥の輝き 【往日那清澈眼眸中的光辉】 

時の速さに汚されてしまわぬように 【仿佛并未随着时光飞逝而变得污浊】 

 

何も話さないで 【什么也不用说】 

言葉にならないはずさ 【反正应该什么也说不出来】 

流した涙は雨となり 【滚滚泪珠化作雨】 

僕の心の傷いやす 【抚慰我心中的伤】 

 

人はみな 心の岸辺に 【每个人 在心的海岸边】 

手放したくない花がある 【都有一朵永远不会放手的花】 

それはたくましい花じゃなく 【那不是一朵壮硕的花】 

儚く揺れる 一輪花 【而是一朵如梦如幻 轻轻摇曳的花】 

花びらの数と同じだけ 【但你却能感受到那如花瓣数目一样多的】 

生きていく強さを感じる 【努力活下去的坚强】 

嵐 吹く 風に打たれても 【就算是暴风骤雨】 

やまない雨は無いはずと 【也终有放晴的一天】 

 

桜の花びら散るたびに 【每当樱花飘零时】 

届かぬ思いがまた一つ 【都有一个无法传达的思念】 

涙と笑顔に消されてく 【伴着泪水和笑容消失殆尽】 

そしてまた大人になった 【然后我们变得更像大人一些】 

追いかけるだけの悲しみは 【只是那些穷追不舍的悲伤啊】 

強く清らかな悲しみは 【那些深切的 纯粹的悲伤啊】 

いつまでも変わることの無い 【无论到何时都不会改变】 

君の中に 僕の中に 咲く Love… 【那在你心中 在我心中 绽放的 爱】 

 

名もない花には名前を付けましょう 【为这无名之花取个名字吧】 

この世に一つしかない 【这世间独一无二的花儿】 

冬の寒さに打ちひしがれないように 【仿佛不会被冬日的严寒击垮】 

誰かの声でまた起き上がれるように 【仿佛在听到谁的呼唤时就会重新站起来】 

评论

© DHelix's Lofter | Powered by LOFTER